前頭部が薄くなる男性型脱毛症で面部脱毛は起きない

男性型脱毛症とはAGAとも呼ばれる症状で、加齢と共に前頭部と頭頂部の毛髪が減少していきます。大半の男性が加齢と共に男性型脱毛症になっていくので、正常な生理的現象の一つとして捉えられ病気としては扱われません。そのため、生活に支障が出るような病気とは見なされず、治療する際に健康保険は適用されません。男性型脱毛症の特徴は、原因となる男性ホルモンの受容体が多い前頭部と頭頂部に集中し、どちらか一方、あるいは両方の部位に薄毛や抜け毛が進行していきます。
男性型脱毛症の治療として、現在では効果のある外用薬と内服薬が厚労省の認可を受け販売されています。外用薬は市販の育毛剤・発毛剤などに配合されていますが、専門クリニックなどで処方する物の方が濃度が高く効果が期待できます。また、内服薬は男性型脱毛症の原因である男性ホルモンに働きかけ、内部から脱毛を引き起こす原因を阻害します。内服薬は市販されておらず、購入するには医師の処方が必要となります。これらの治療薬は脱毛の進行を遅らせ、今以上の脱毛を防ぐ作用が確認されています。しかし、個人差はありますが長期間の使用で発毛効果が現れる人も多く存在します。
脱毛症には男性型脱毛症の他にも、薬物脱毛症や円形脱毛症など様々な種類があるため、前頭部・頭頂部以外の側頭部や後頭部の脱毛、体毛や面部脱毛が生じるようなら、男性型脱毛症以外の何らかの疾患を疑って下さい。面部脱毛とはその名の通り、眉毛やヒゲといった顔面の毛が抜け落ちる症状で、内臓やホルモン、自律神経などに問題が生じている場合が考えられます。ストレスや疲労でも面部脱毛が起きる可能性があるので、皮膚科で医師の診察を受け適切な治療を受ける事をお勧めします。