男性型脱毛症は遺伝なの?

多くの男性に頭髪の悩みを作る男性型脱毛症は、遺伝と言われていたり、生活習慣が原因と言われたり、様々な要因が重なって出来るとも言われています。
遺伝の可能性については、まだ解明されていない点もあるのですが、十分に可能性はあると言われています。
禿げの遺伝子は男性のみに優性遺伝として受け継がれ、両親が共に禿げていた場合は70%以上もの確率で男性型脱毛症になりやすいと言われ、父親のみが禿げていても50%の確率とされます。
母親のみが禿げていた場合は確率が下がるのですが、母方の祖父が禿げていると確率は大きく上がるようです。
このように、禿げる可能性があることから、遺伝によって男性型脱毛症になる可能性は十分にあります。
ただし、確率は絶対ではなく、あくまで可能性の話ですから、両親が禿げていたからといって必ず男性型脱毛症になるとは限らないようです。
逆に両親ともに髪の毛が健在で、どちらの祖父母も禿げていなくても、自分だけが禿げるといったこともあるようなので、男性型脱毛症の直接的な原因とはなっていません。
そもそも、男性型脱毛症は毛母細胞が髪の毛を作るために行うヘアサイクルが狂うことが原因であり、そこに至るまでに毛根に栄養を送るはずの血管が収縮して細胞を衰えさせるものであったり、毛母細胞の男性ホルモン受容体にDHTという物質が結合することでヘアサイクルが乱れるといったものなので、優性遺伝によって受け継がれていても、簡単に症状が出るものではないようです。
食事、喫煙、飲酒といった生活習慣が引き金となってヘアサイクルが乱れることも多く、元から正しい生活習慣や、丁寧なヘアケアを行っていれば、すぐに薄毛が進行するというものでもないので、安心はできませんがあくまで可能性があるというだけになります。

男性型脱毛症に効く成分は?

最近になって、男性の薄毛の原因は男性型脱毛症によるものであるというように考えられるようになりました。
そして、ある程度男性型脱毛症になるメカニズムもわかってきたので、有効な薬も登場してきています。
では、どのような成分を含んだ薬が男性型脱毛症に効果的なのかというと、フィナステリドという成分を主に含まれた薬が効果的であるといわれています。
このフィナステリドという成分は、もともと他の病気に用いられてきた薬ですが、薄毛にも効果的であるという認可を受けた成分です。
どのように男性型脱毛症に作用をもたらすのかというと、男性型脱毛症の原因とされる男性ホルモンの一種の働きを抑えることによって、毛髪の成長を再び促すという作用をもたらすことになります。
これまで成長を妨げられていた因子を抑制することができるようになるので、薄くなっていた毛髪が徐々に太くなってきたり、途中で抜けてしまうといったことが少なくなります。
結果として、薄毛が徐々に改善されていくということになります。
このような作用をもつフィナステリドを主な成分とした薬は、現在様々な名称で海外で販売されています。
最近では、男性型脱毛症に効果的なジェネリック医薬品も登場してきていますから、より安く入手することができるようになりました。
気になるのは、効果についてですが、およそ半数以上の人に何らかの効果があったという報告がありますから、個人差はありますが、かなり高い確率で薄毛の改善効果を期待できる成分であるということがいえます。
副作用については、精子の減少であったり、性欲の減退などの副作用があるといわれていますが、全体の3パーセントくらいの割合であるといわれているので、それほど副作用を心配する必要もありません。

男性型脱毛症の月にかかる治療費の平均

男性型脱毛症は別名AGAとも呼ばれ、文字通り男性に現れる症状で、頭頂部や前髪の生え際が薄くなったり、毛が抜け落ちていきます。
薄くなる部位に対応してM字型やO型、U型などと分けられ、進行性のために放置していても症状が悪化していきます。
男性型脱毛症の治療は一般病院やAGA専門のクリニックなどで治療を受けることができ、基本的に薬物療法がメインとなります。
薬を飲んだからといってすぐには効果は発揮されず、薄毛の進行を抑えたり、発毛を促進することで髪の毛を増やす方法となりますが、効果を実感できるまでは早くとも半年以上の期間が必要となります。
大前提として男性型脱毛症の治療には保険が適応されないので、自由診療となり診察代や薬代など、全ての費用が自己負担となります。
まず病院の診察は1ヶ月に1回程度で十分なので、初回なら5,000円前後、2回目からは2,000円か無料になるところもあります。
薬は薄毛の進行を止めるフィナステリドなら1ヶ月分の処方で7,500円前後が必要で、発毛を促進するミノキシジルは育毛剤などの外用薬なら3,000円ほど、内服薬であれば10,000円はかかります。
フィナステリドとミノキシジルを併用するとより効果的な発毛が可能となっているので、両方を一緒に処方してもらうと、内服薬では17,500円、外用薬では10,500円となります。
最も効果的な薬物療法で1ヶ月の治療をするとなると、平均的には22,000円くらいになります。
ただし、自由診療であることから、治療費や薬代は病院の言い値となり、さらに血液検査など他の検査を行う病院もあることから、ここで出した平均の価格とは大きく異なることもあります。
■いろいろある男性型脱毛症の治療薬
プロペシアを使ってみよう
アボダート